借金返済の相談は弁護士へ!【借金の督促をストップさせる】

早期に過払い請求

男性と女性

時効が迫っている

テレビCMなどで、過払い金を聞いたことがあると思いますが、言葉は聞いたことがあってもその意味はあまり理解していない人がいます。過払い金とは、貸金業者に対して払い過ぎていたお金のことです。なぜ払い過ぎてしまうようなことが起こるのか、それはかつて消費者金融等の貸金業者は、利息制限法で定められた上限金利(15%〜20%)を無視して29.2%といった高金利で融資をしたいたのです。上限金利を超えること違法ではあったのですが、それを罰する規定がなく債務者は高金利の利息を払い続けていたのです。違法ではあるもののみなし弁済という規定の条件をすべて満たせば、上限金利超えて貸してもいいという規定はあったのですが、その要件をすべて満たしていないにもかかわらず融資をしていたケースがあり、最高裁でも違法であるという判決が多く出たことから、上限金利を超えて払った利息は過払い金として取り戻すことができるのです。借金を完済している方は、10年という時効があるので早めに弁護士に相談をすることと、借金返済中の方でも相談をすることで大幅に減額されたり借金が0になることもあります。ただし、注意しなければならないのは借金完済してから10年以内に過払い金請求はしなければなりませんが、借りていた貸金業者が倒産をしてしまっても請求する権利が無くなるのです。年々貸金業者の数は減少しています。早めに相談をしないと取り戻せたはずの利息が取り戻せなくなります。契約書やカードが無くても貸金業者の名前さえ分かれば、相談をすることで調べてもらうことができます。

Copyright© 2018 借金返済の相談は弁護士へ!【借金の督促をストップさせる】 All Rights Reserved.