借金返済の相談は弁護士へ!【借金の督促をストップさせる】

返済が困難になったら

説明

有効な手続きは債務整理

借金を返済することが困難になったらどういった行動をすればよいか、人によっては夜逃げしてしまう、督促電話や督促状をひたすら無視する、まだ返済する意志がある人であればおまとめローンや借り換えローンといった方法が考えられます。これら以外にもっとも有効な方法は債務整理です。債務整理とは、法的な手段を使って借金問題を解決する方法です。消費者金融と長い付き合いで、10年以上も借りたり返したりを繰り返している人でも弁護士に相談をして債務整理をしたら借金が無くなった、さらには過払い金が発生したので信用情報にブラックリストに載らずに払い過ぎたお金が返ってくるケースもあるのです。債務整理には、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つの手続きがあります。自己破産は、借金が無くなり返済義務もなくなる手続き、他の債務整理は大幅に減額させることができる手続きです。どの方法で、債務整理をするかは弁護士との相談によりますが、会社や家族に内緒で債務整理をしたい、住宅や車などの処分せずに債務整理をしたいのであれば任意整理の手続きで相談になります。任意整理なら任意なので債務整理する債権者を選択できます。家族や親せきから借りているなら債務整理からそれらを外して手続きできるので、迷惑がかからないようにすることができます。任意整理で相談をすることは、思わぬ発見があることがあります。過払い金です。過払い金が発見され債権者に対して減額どころか請求することができます。

Copyright© 2018 借金返済の相談は弁護士へ!【借金の督促をストップさせる】 All Rights Reserved.